Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

いじめをなくす方法

いじめをなくす方法について色々と考えたことがあって、

「これは役立つのではないか」と、ハタと思いついたことがあります

 

それは中学校三年間のうち「一年間の義務留学」制度

 

つまり「中学校を入学してから卒業するまでの三年のうち一年間は必ず他の国で学ばなくてはいけない」というもの

現地でも日本人同士で固まらないように、

学生は異なる都市の異なる学校に行き、

「国語」「数学」「理科」「社会」「英語」の日本の授業はネット配信かDVDで受け、

残りの時間は現地の学校に通ったり、ボランティアしたり、

あるいは何もせず異国の空気を吸うだけでもいいかもしれません

 

留学の時期は自由に選べ、

中一の夏休みから中二の夏休みまででもいいし、

中三の最後の一年間でもいい(受験を受けるために帰国するぐらいのことはできるはず)

 

この義務留学が「なぜいじめの解決になるのか?」というと、

「①いじめを受けている生徒は一年間学校から離れられる」という点と、

「②教室内での派閥を作りにくくする」の二点です

 

①いじめを受けている生徒は一年間学校から離れられる

たとえ中学校に入ってすぐいじめのターゲットにされてしまっても、

5月に留学してしまえば、もう物理的にいじめはうけなくて済みます

しかも「全員が必ず留学しなくてはいけない」ので、

生徒は誰にも後ろめたい思いをせず海外に行くことができます

いじめをしている生徒と留学の時期をずらせば、合計二年間いじめを避けられますし、

帰国したくなければ留学を延長したっていいでしょう

 

②教室内での派閥を作りにくくする

いじめというのは必ずしも1対1で起こるものではありません

いじめの首謀者は一人か二人だとしても、

その取り巻きがいることでどんどん事態が陰湿化・残酷化してしまうのです

そういった「いじめグループ」という派閥を作らせないこともこの制度の目的です

この義務留学制度であれば、頻繁に日本にいる生徒が入れ替わるため、

派閥が作られにくいという効果もあります

現にクラスが固定化されない大学時代になるといじめは大きく減少します

 

アメリカで銃乱射事件があったりすると

すぐに「若者の心の問題」「家庭の問題」が取りざたされますが、

まずは銃の規制をすることが現実的で最大の抑止力となるのは自明のこと。

銃規制の厳しい日本では学校内の銃乱射事件が起きていないのを見れば明らかです

 

それと同じで、いじめによる他殺/自殺が起きたら「若者の心の問題」「家庭の問題」が取りざたされますが、

大人たちがそんな悠長な議論をやっているあいだに、

いじめられている子供たちはどんどん追い込まれていきます

今日もどこかで命を絶とうする生徒がいます

議論も大切なことですが、

まずは「いじめられている人」と「いじめる人」とを大人が物理的に引き離してあげることが

最大の解決策になるのではないでしょうか

 

それにこれは私の浅はかな期待かもしれないけれど、

いじめている側だって一年間海外に行って様々な価値観に触れることで、

多少人間が変わるんじゃないかなと思っています

 

留学させるためのお金はどうする?という話もあるけれど、

インドとか、カンボジアとか、フィリピンとか生活コストの低いところであれば、

たいして税の負担にはならないんじゃないんでしょうか

 

授業が遅れるのではないか?学生が留学先で勉強しているかどうか誰がチェックするんだ?

という反対意見もあるかもしれませんが、

それは学生を信頼していなさすぎだと私は思います

テストはネットで受けられるようにし(今でもTOEICやSPIはネットでできる時代です)、

ネットやDVDを使って好きな時間に授業を受けられるやり方が合っている学生は多いでしょう

それに「留学先で勉強をしない人」は、

そもそも日本で授業を受けていたって授業を聞いているかどうか怪しいものです

 

治安の問題もありますが、海外では治安はお金で解決できますから、

これはコストの問題に集約されます。

受け入れ先はホストファミリーにお願いし、

現地に数人のバイリンガルのアドバイザーを派遣しておいて、

学生は困った時に彼らと連絡を取れるようにしておく

 

もちろんいじめを受けていない人にとっても、

十代の多感な時期に海外で生活してみるというのは

それだけで価値があると私は思うし、

その一年間の経験は彼らの人生に良い影響をもたらす気がしています

 

大人になってから、

「中学校の時、どこに留学した?」

「私はマニラだったよ」

「へぇー、私はウズベキスタンだったよ」

みたいな会話ができるのも面白そうです。

 

確かに10代の初めの頃に親元を離れ、異国で日本人一人になるというのは孤独だと思います

それでもいじめられて心に深い傷を負ったり、

命を落としたりするよりも、

広い世界に出てみて「こんな世界もあるんだ」と彼らの心を自由にしてあげることは

決して悪いアイデアではないのではないでしょうか

 

自分が中学生の時にこういう制度があったらよかったなと私は思います