Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ここがヘンだよ日本企業 パート1

バリバリの外資系から超ドメスティック企業に転職した時

かなりのカルチャーショックを受けました

そんなわけでその幾つかのカルチャーショックを3つのポイントに集約してご紹介します

 

ここがヘンだよ その1「いちいちルールや○○運動を作る」

とにかく日本企業はルールが多いです

ルールに対するルールも多いです

例えば、「ルールを制定する際にはそのルールの目的、概要、適用範囲、適用期間、例外を明記しなくてならぬ云々」などと書き連ねていきます

そんなわけでどんどんどんどんルールは増えていきます

例えば「社内でのコミュニケーションが足りない」と言われれば、

「全社員挨拶運動」を推進。

例えば「営業中にサボりが発覚した」とあれば「一時間ごとに上司に連絡。ただし顧客と打ち合わせの際はこの限りではない。」など。

会社の文化を変えよう!と抜本的解決方法を模索するのではなく、

場当たり的にルール制定に勤しむのが日本企業の特徴と言えます

 

ここがヘンだよ その2「不毛な会議が多すぎる」

大企業となれば会議が多いです

「会議が多い」ということが問題となると、「◯曜日は会議禁止」などと現状と合わないルールを作ったりして現場の混乱を招くこともしばしば。

しかし会議をしても「結局声が大きい人が勝つ」「誰も責任を負わないので、結論は上司に委ねることが決まる」ことが延々と繰り返されます

はっきり言って不毛です

外資系ではほとんど会議はありません。

というかそんなことをやっている時間の余裕がないのです

ボスが個人的に話したいことがあれば部下を呼んで話すし、あるいはランチミーティングで済まします

どんなプロジェクトもリーダーが決められているので、

リーダーが戦略を決めてフォロワーはそれに従う

うまくいかなければリーダーの責任です

 

ここがヘンだよ その3「企業の上下関係が人間の貴賎を決める」

何も「外資系はフラット、日本企業はピラミッド」と言いたいわけではありません

ある面だけ見れば外資系の方が上下関係は厳しいです

しかし、それはあくまで企業のなかだけの上下関係であり、

企業の中の上下関係がプライベートの身分制度にまで延長してくるのが日本企業です

なので上司は言いたい放題、パワハラし放題

電通の問題もはっきり言ってこの日本企業ならではの身分制度が起因なのではないでしょうか

自殺された方の上司の発言記録を拝見する限り、その感が拭えません

これは非常に根深い問題なので、

パート2では「その3」に絡めてもっとディープな問題について書きます